アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

  1. 大阪など注文住宅トップ  >  
  2. アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

いつまでもお客様の暮らしを見守り続けたいから。「建物保証書・家歴書」の発行、こまめな「定期点検」の実施をはじめ、敷地調査から施工まで一貫できるグループ力を活かして「リフォーム」のオーダーにも対応。
世代を超えたお付き合いをお約束いたします。

「建物保証書・家歴書」の発行

ビーバーハウスは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の制定・施工以前から建物のお引渡し時に独自の建物保証書を発行してまいりました。現在では建物保証書はもちろんのこと、施工検査履歴や工事写真等を記録した家歴書(2008年5月より実施開始)をお渡ししております。独自のアフターサービスで、ご入居後のさまざまなご相談に対応しています。

家歴書とは新築時「構造体の内訳」「構造計算書」「地盤調査報告書」「建材」「配線・配管図」など施工内容をデータ化した「住宅履歴書」のことです。メンテナンスやリフォーム時に適切で効率のいい点検・交換・改修を行うことが出来ます。何より住宅の価値を評価するのに有効です。


書類一覧

「まもりすまい保険」

住まいを購入されるお客様に対し、安心して暮らしていただく為に住宅瑕疵担保履行法に基づく「住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)(財)住宅保証機構」に加入しています。

まもりすまい保険とは

まもりすまい保険とは、財団法人住宅保証機構による、すまいの基本的な耐力性能もしくは防水性能が満たせないときの補修費用を補償することのできる、『特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)』で定められた保険です。

瑕疵担保責任瑕疵担保責任とは

買った家等に瑕疵、つまり何らかの傷や欠陥がある場合に売主が負う責任を言います。
瑕疵担保責任が問える期間は下記のようになっています。
(1)民法では、買主が瑕疵(欠陥)がある事を知ってから1年。
(2)宅建業法(売主が宅建業者である場合)では、引渡しの日から2年。

保険の対象となる基本構造部分

住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分および、雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となります。

「定期点検」の実施

当社では、上記の保証に加えてお客様がいつまでも快適にお住まいいただけるよう、定期点検を行っております。お引渡後、「3ヶ月」・「1年」・「2年」の3回は無料で定期点検を実施しています。5年目以降(※一部は有料)はお客様のご希望に応じて点検を実施します(図参照)。安心して末永く快適にお住まいいただけるよう、お引き渡し後も丁寧にサポートします。定期点検以外でも、ご連絡いただければ迅速に対応しますのでご安心ください。