定期的に気密測定を行っています。

SHARE ON

施工現場レポート

IMG_3081r

気密性が高い家というのは屋内と屋外の間に隙間が少ない家で、魔法瓶の様なイメージです。外の温度に関係なく瓶内の液体の温度が一定に保たれるような感じです。

一般的にツーバイフォー工法は気密性が高いと言われています。一般のツーバイフォーと比べビーバーハウス注文住宅のツーバイフォーは断熱材にウレタンフォームを採用しているので、より高気密高断熱なのです。

今回実際の家でどれだけ隙間があるか計測する気密測定を行いました。
特殊な機械を使い室内の空気を外部に追い出し室内の気圧を下げ、室内と室外の気圧差、そして追い出した空気量で、家にどれだけ隙間があるのか計測しました。

IMG_3093r

気密性が高いメリットは上記でも書いたように魔法瓶の様なので、一度エアコンで温度調整するとその温度が保たれるので、エアコンの電気代が節約できます。
構造に関しては上の写真の様に躯体はシートで保護されているので、冬期室内の湿気が壁内にたまって結露する事もありません。
そして隙間がないので給気口と換気扇による空気の出入りが計算通り行えるというのがメリットなのです。

今後とも定期的に気密測定を行っていきます。

pagetop